top of page

脚の対応症状

Corresponding symptoms of legs

ハンター管症候群について

ハンター管症候群

ハンター管症候群とは、太ももの内側で神経を圧迫して、痛みや痺れを発症します。内転筋管症候群や伏在神経麻痺とも呼ばれます

ハンター管症候群の原因と症状

ハンター管症候群

太ももの内側には、ハンター管(内転筋管)という神経の通り道があり、そこを伏在神経と呼ばれる神経が通ります。伏在神経は下腿部内側の感覚を支配しているので、ハンター管に長期間の圧迫を与えることや、周囲の筋肉が緊張することで、下腿部内側に痺れや痛みを発症します。症状は神経支配部の痺れや痛み、立ち上がる時などにピリッとした痛みを生じます。

ハンター管症候群でお悩みの方は私たちにお任せください

line_oa_chat_220717_171242.jpg

ハンター管症候群はタイツなどで太ももの内側を締め付けることでも発症しますが、多くの場合、筋肉の緊張が原因です。JOIN整骨院グループでは緊張した筋肉にマッサージ療法・鍼灸施術・ハイボルテージ療法をすることで、緊張を緩め、骨盤から股関節の動きをよくすることで再発しない身体作りをサポートします!お困りの方はご相談ください!

肩の施術

保険診療の取り扱い

JOIN整体グループでは各種健康保険・交通事故・労災などを取り扱っております!

詳しくはお問い合わせください。

捻挫・肉離れ・骨折・脱臼・打撲など怪我の内容

寝ちがえ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア

交通事故による障害・むち打ち症

スポーツによる障害・靭帯損傷

池田市 | JOIN整骨院グループ店舗一覧

bottom of page