top of page

背中・腰の対応症状

Corresponding symptoms of back and hips

脊柱管狭窄症について

24201957_m.jpg

脊柱管狭窄症は、名前の通り、脊柱管という神経の通り道が狭くなり神経症状を発症する疾患です。

脊柱管狭窄症の原因

3258382_m.jpg

背骨には脊柱管という神経の通る管があります。骨の変形や靱帯の肥厚で神経を圧迫することで発症します。60歳以上の高齢になると発症しやすく、症状は腰痛だけでなく、太ももやふくらはぎの痛みを感じます。座っているより立っている方が症状が強く、歩いていると痛みが出現し、休むとおさまり、また歩き出せる「間欠性跛行」が特徴です。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

line_oa_chat_220717_171242.jpg

脊柱管狭窄症では、長い距離を歩くことが難しくなる疾患ですが、腹圧を高めて、体幹を安定させることで歩く距離を延ばすことが可能です。JOIN整骨院グループでは、EMSを活用し、腹筋のインナーマッスルを鍛えることで
脊柱管狭窄症の症状を改善しています!お困りの方はご相談ください!

肩の施術

保険診療の取り扱い

JOIN整体グループでは各種健康保険・交通事故・労災などを取り扱っております!

詳しくはお問い合わせください。

捻挫・肉離れ・骨折・脱臼・打撲など怪我の内容

寝ちがえ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア

交通事故による障害・むち打ち症

スポーツによる障害・靭帯損傷

池田市 | JOIN整骨院グループ店舗一覧

bottom of page